サマータイムで日本中の電波時計がゴミになる(かも)という話

23pt   2018-08-10 04:00
VIPPERな俺

1 名前:■忍法帖【Lv=22,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[sage] 投稿日:2018/08/08(水)16:23:10 ID:???
投稿日 2018/08/08
先日、安倍首相が2時間時刻を進めるサマータイムの導入検討を自民党に指示したという報道がありました。
実は、このサマータイムが導入されると、我々の生活に身近なある物をすべて買い換えなければならなくなるかもしれません。
というか既にタイトルでネタバレしているのですが、そのある物とは、電波時計です。
定期的に自動で時刻を合わせてくれるため、手動で時刻を合わせる手間がなく大変便利な時計なのですが、
実は、現行の電波時計では現在検討が進められている2時間のサマータイムには対応できないのです。

電波時計の仕組み
電波時計は、「情報通信研究機構(略称:NICT)」という国の機関が送信している「JJY」という無線局の
電波を受信して正確な時刻を取得します。

NICTは「日本標準時」を決定・維持している、まさに日本の時を司っている機関です。
何年かに一度行われる「うるう秒」の挿入のとき、大きなデジタル時計の前でカウントダウンを行う様子が
よくニュースで取り上げられていますが、あの場所がNICTの本部です。
(中略)…つまり、実際に「夏時間情報」ビットの運用を開始したとしても、現在市販されている電波時計は
+1時間ズレるだけで+2時間はズレてくれず、実際の時刻と電波時計の表示が-1時間ズレてしまうことになります。

質(たち)が悪いのは、時刻合わせが完全にできなくなるならまだしも、見た目上は何の問題もなく動いているように
見えつつ実際は-1時間ズレた不正確な時間に合い続けてしまうことです。
そんな不正確な時計が放置され続けたら、社会に混乱を招くことは想像に難くないでしょう。

仮に「0」を送信している55秒~58秒あたりを使えば、サマータイムで何時間ズレるかという情報をねじこむことは
できるかもしれませんが、その場合でも現在市販されている電波時計はそんな新しい仕様には対応していないため
全く役に立ちません。
結局、2時間サマータイムを導入すれば日本中の電波時計が全部ゴミになってしまうのです。

秋の臨時国会で実施が決定してから、サマータイムの実施が考えられている来年の初夏まで半年ちょっとしかありません。
地上波テレビのアナログ放送からデジタル放送への完全移行だって、2003年12月の本放送開始(3大都市圏)から
2011年7月の終了までに7年半、2012年3月の岩手・宮城・福島での終了まで8年以上、
さらにケーブルテレビで2015年4月まで行われていたデジアナ変換まで含めると11年以上の時間がかかっているわけです。

たった半年ちょっとの間に、
NICTがJJYの仕様を変更する
時計メーカーが新仕様に対応した電波時計を開発する
工場で新仕様に対応した電波時計を製造する
完成した製品を販売する
すべての電波時計を買い換える
というのはまったくもって現実的ではないですし、そんな互換性を捨て去るような変更ができるとは到底考えられません。(以下略)

c?ro=1&act=rss&output=no&id=3305947&name
   2ちゃんねるまとめサイトアンテナトップページへ
の話題が沢山。